腸内フローラと土壌菌とピロリ菌

現代人から土壌菌が減っている。

土壌菌には、腸内の免疫のバランスを

調整する働きがあります。

ですので、土壌菌が減ると免疫力が減少します。

免疫力が減少すると、インフルエンザやO-157

などの感染にかかったり、ガンになりやすく

なってしまいます。

腸内フローラの構成が変わり、炎症を防ぐ

作用を持つ細菌が腸から大量に減っているのです。

除菌作用がある製品が溢れているのも

原因の一つといえるでしょう。

そして、胃がんの原因になると

一般的に言われているピロリ菌

も胃から除菌することが行われています。

ピロリ菌は胃の粘膜が荒れていると

その患部にピロリ菌が付着し

潰瘍を作ってしまいます。

そこに胃がんが発症してしまうのです。

最近の研究では、ピロリ菌は胃の働きに

重要な働きがある共生菌であることが

明らかになっています。

ピロリ菌には胃酸の分泌量を制御する

働きがあるとのことです。

胃の状態を整える働きをし、

食欲の制御にも関係していることが

言われています。

また、胃壁を柔らかくし、胃酸の

逆流を抑える働きもあります。

ピロリ菌を除菌すると、腸のこのような

働きが弱くなってしまいます。

現在の医療機関ではピロリ菌を除去

することが行われています。

多くの人が胃ガンの原因となる

ピロリ菌の除去を行っています。

腸内細菌の悪玉菌も腸内環境を

整えていれば身体に良好な働きをする

ようにピロリ菌も腸内環境を整えて

いれば怖いものではないし、

かえって、腸内にとどめておくべき

菌といえるかもしれません。

日ごろ暴飲暴食やストレスまみれの

人はピロリ菌の存在を考慮するべき

でしょう。

ピロリ菌は共生菌なので、腸内フローラ

を意識して取り組んでいる人は

あまり神経質になることはないかもしれません。

ピロリ菌は胃に存在している人といない人が

います。

ピロリ菌が胃の中にいるのか、
いないのかを検査するのもいいかもしれませんね。