腸内フローラと土壌菌とピロリ菌

現代人から土壌菌が減っている。

土壌菌には、腸内の免疫のバランスを

調整する働きがあります。

ですので、土壌菌が減ると免疫力が減少します。

免疫力が減少すると、インフルエンザやO-157

などの感染にかかったり、ガンになりやすく

なってしまいます。

腸内フローラの構成が変わり、炎症を防ぐ

作用を持つ細菌が腸から大量に減っているのです。

除菌作用がある製品が溢れているのも

原因の一つといえるでしょう。

そして、胃がんの原因になると

一般的に言われているピロリ菌

も胃から除菌することが行われています。

ピロリ菌は胃の粘膜が荒れていると

その患部にピロリ菌が付着し

潰瘍を作ってしまいます。

そこに胃がんが発症してしまうのです。

最近の研究では、ピロリ菌は胃の働きに

重要な働きがある共生菌であることが

明らかになっています。

ピロリ菌には胃酸の分泌量を制御する

働きがあるとのことです。

胃の状態を整える働きをし、

食欲の制御にも関係していることが

言われています。

また、胃壁を柔らかくし、胃酸の

逆流を抑える働きもあります。

ピロリ菌を除菌すると、腸のこのような

働きが弱くなってしまいます。

現在の医療機関ではピロリ菌を除去

することが行われています。

多くの人が胃ガンの原因となる

ピロリ菌の除去を行っています。

腸内細菌の悪玉菌も腸内環境を

整えていれば身体に良好な働きをする

ようにピロリ菌も腸内環境を整えて

いれば怖いものではないし、

かえって、腸内にとどめておくべき

菌といえるかもしれません。

日ごろ暴飲暴食やストレスまみれの

人はピロリ菌の存在を考慮するべき

でしょう。

ピロリ菌は共生菌なので、腸内フローラ

を意識して取り組んでいる人は

あまり神経質になることはないかもしれません。

ピロリ菌は胃に存在している人といない人が

います。

ピロリ菌が胃の中にいるのか、
いないのかを検査するのもいいかもしれませんね。





腸内フローラと短鎖脂肪酸

肪酸とは、脂質、炭水化物、たんぱく質などの
多量栄養素です。
脂肪酸は、一般的に脂肪又は油と言われている物の
構成要素であり、脂質に属します。

脂肪酸は、体内に入ると脂肪組織の中に
エネルギー源として蓄えられます。
又、人体の細胞膜、脳、各種ホルモンを構成する
材料になるなど、極めて重要な働きを持っています。


脂肪酸には、油脂の固定のものを飽和脂肪酸、
液体のものを不飽和脂肪酸といいます。
飽和脂肪酸の中には、短鎖脂肪酸・中和脂肪酸・
長鎖脂肪酸の3種類があります。


その中の短鎖脂肪酸は、酢酸、酪酸、プロピオン酸の
3種類の物質の総称です。

日和見菌にあるバクテロイデス門に属する
細菌群が短鎖脂肪酸を作り出します。
野菜や果物などに含まれる食物繊維やオリゴ糖を
発酵し短鎖脂肪酸を生成しています。

短鎖脂肪酸のほとんどは、大腸が活動する
エネルギー源となります。

短鎖脂肪酸は、大腸の粘膜を刺激してセンドウ運動を
促す働きをして、有害な菌が増殖するのを抑えます。

センドウ運動がしっかり行われている腸では、
腸内細菌が餌を得やすいので腸内フローラ
の働きがよくなり、免疫機能も活性化します。

短鎖脂肪酸は、血液を通して筋肉や肝臓、腎臓
などを活性化するためのエネルギー源とされています。
全身の身体の調子を左右する短鎖脂肪酸です。


肥満は、脂肪細胞が脂肪を蓄えることによって
起こるのですが、この蓄えを抑えてくれるのが
短鎖脂肪酸です。
短鎖脂肪酸で全身の代謝が活性化します。

短鎖脂肪酸は、脂肪の蓄積を抑え、消費を増やし
肥満を防ぐ働きをしています。

肥満の人は、バクテロイデスなどの菌が減り
短鎖脂肪酸を作成する能力が下がっています。

痩せたければ、食物繊維を多めに食べれば
短鎖脂肪酸を作る菌のエサになるため
肥満フローラから痩せフローラに変えていけます。

短鎖脂肪酸は、天然のやせ薬としての効果だけでなく
糖尿病を改善する効果もある。
腸内環境を整えてインスリンの分泌を促す。

腸壁の細胞は、腸内細菌が出す短鎖脂肪酸をエネルギー源
にしています。
短鎖脂肪酸が減ると腸の細胞が活力を失ってバリア機能
が低下してしまいます。

短鎖脂肪酸が身体に重要な働きを促してくれます。
腸内環境を整えるように行動したいものです。

腸内フローラとエクオール

腸内環境が悪くなれば、悪玉菌が増殖し
有害物質が増えてきます。

有害物質は大腸から毛細血管を通して
吸収されて、全身に蔓延します。

肌の組織が多大な影響を受ける。
ニキビ、乾燥肌、シワ、シミ、たるみなど
がどんどん出てきます。

腸が詰まると代謝エネルギーが減ってしまうので
太りやすくなります。
このような腸内環境では、ダイエットをしたり
身体に無理なことをすると逆効果に
なってしまいます。

化粧品やサプリメントで解決しようとしても
効果が限られてしまうケースが出てきます。

食事や日常生活の改善をしてこそ
エクオールの効果も発揮されるのです。

腸内フローラが美肌と若さを作ります。
大豆の中に含まれるイソフラボンが腸内細菌に
よって変化してできたエクオールなのです。

腸内細菌が欲しがるものをバランスよく
摂取することが大切です。


エクオールは腸内細菌が大豆イソフラボン
から作り出す成分で強力な抗がん作用があります。

女性が若々しく魅力的にあり続けるため、更年期以降
には救世主の存在です。

ただ、エクオールはイソフラボンと相性の良い
腸内細菌を持った人だけに作られます。

できない人はどうしたらよいか。
エクオールが作れる腸内細菌を育てることです。
食物繊維を多く摂るようにしたりして腸内細菌を
バランスよく整えて、大豆や大豆製品を日常に
取り入れていく習慣を身に着けることで
エクオールが生成されていく
大豆食品を毎日摂れない人はエクオール入りの
サプリメントを飲むのもいいでしょう。


老化現象が目立つ人も目立たない人もいます。
どうしてこの差が生まれてしまうのか。
肌の老化の早い遅いを決めているのは
腸内細菌かもしれません。

エクオールの効果は、医学大学教授の研究で
エクオールを飲んだ人は、飲まなかった人よりも
シワが浅くなっていた結果が得られています。
エクオールが肌を若返らせる効果が実証
されているといっていいかもしれませんね。


エクオールを作れる身体かどうかを
調べる方法があります。
尿検査をするとわかるようになっています。
現状は、ネットで検索して出てくる
一般の会社で行っているようです。


エクオールの効果は若返りだけでなく
他にも確認されています。
エクオールは、女性ホルモンと似た
構造をしているため、ほてりや肩こりなどの
更年期障害、骨密度などの低下を防ぐ働きなどが
あります。
加齢に伴う女性ホルモンの減少をです。
エクオールが補ってくれる働きがあります。


エクオールは、大豆イソフラボンの仲間です。
イソフラボンが腸の中で腸内細菌の
変化で生まれてくるものです。
エクオールの効果はイソフラボン
よりも高いと言われています。
エクオールの健康効果はまだまだ
これからも解明されていくでしょう。

腸内フローラの免疫力とIgA抗体

免疫力の70%は腸で作られています。

免疫力が高ければ、人間は健康で

生きていくことができます。

腸が健康に深く関わっていることが

わかりますね。

免疫とは病原菌やウイルスなどの
外敵の侵入を防いだり、
体内にできた害をもたらす細胞を
除去するという自己防衛機能を言います。

免疫細胞たちは、あなたが意識していない間にも、
ガン細胞を死滅させたり、風邪などの病気に
かからないように外敵の侵入を防いだりしてくれています。


一般的に免疫力は加齢やストレスなどによって低下します。
免疫力が低下すると、疲れや肌荒れなどの不調がおこります。
免疫力は20代をピークに低下していきます。

年齢により免疫力が低下するのは、
私たちの健康を守る免疫細胞(NK細胞)が
衰えてしまっているためだと考えられています。

腸には多くの免疫細胞が集まっています。

腸には、消化された栄養素に紛れて
病原体が体内に侵入しないように
殺菌物質やウイルスを不活性化する
物質が含まれています。
IgA抗体という免疫物質が働いてくれます。

IgA抗体を腸に大量に存在しています。

私たちの免疫は、どんな異物に対しても
ぴったりの抗体を作り出すことができます。

IgA抗体は、腸内細菌を選別する機能がある。

IgA抗体は、侵入してくる病原体を
殺す働きがあります。その他に
腸内細菌の選別にも働きます。

今まで盲腸は必要ない臓器と
言われてきましたが、研究により
白血球が盲腸でどんな腸内細菌が
いるのかを学習し、
学習した白血球はIgA抗体を
特定の細菌に出すのです。

腸の中には常に大量のIgA抗体が
放出されています。

IgA抗体こそが、粘液層に腸内細菌を
導く仕組みの主役です。

腸内細菌の適度な量のIgA抗体が
くっついた細菌だけ、腸の
粘液層の中に入ることができる。

粘液層の中に入って長く腸内に
住み続けられる菌はIgA抗体が
適度な量くっついた細菌だけです。

IgA抗体は、腸内細菌のバランスを
保つ上で重要な働きをしていることが
分かります。

IgA抗体は母親の母乳にたくさん含まれています。

腸内フローラが乱れる原因と対処の仕方

腸内フローラの乱れる要因として、

外部要因は、ストレス・暴飲暴食・運動不足・
生活習慣の悪化などがあげられます。

内部的要因としては、トランス脂肪酸の摂取や
食品添加物の摂取・酸化した油の使用など
食事が原因で腸内フローラを乱してしまう原因に
なっていることが分かります。

トランス脂肪酸を含む食品は、マーガリン・
生クリーム・ショートニングを含んだお菓子類・
食用油・古い揚げ物油などです。
古い揚げ物油などよく使われています。

食品添加物や加工食品には、保存料や
防腐剤など腸内フローラにとって敵となる
成分が含まれています。

油は空気に触れると酸化します。
加熱すると酸化が加速することになります。
酸化した油は、悪玉菌の温床となります。

気を付けなければならない食品に揚げ物が
あります。
揚げ物の油は、長時間加熱していたり
使いまわしが多くあります。
このような油を使用した食品は
腸内フローラのバランスを崩してしまいます。
サクッと切れるカツなど食べるなら、
付いてるキャベツはしっかり
摂るようにしたいですね。

その他に着色料・甘味料・漂白剤・
保存料が腸内フローラのバランスを乱すので
注意したいですね。

腸内フローラのバランスを整え、あなたの腸内環境を
守るのは、まず食事から気を付けるのが
一番確実に実行できるのではないでしょうか。

1.発酵食品を摂る
善玉菌の働きをよくする発酵食品が
日本には多くあります。

日本古来の発酵食品として納豆・味噌
塩辛・ぬか漬などその他にも沢山あります。

注目されているのがヨーグルトですね。
ヨーグルトの菌は胃で死菌になっても
そのまま腸に行って腸に良い働きを
します。

2.食物繊維を摂る

食物繊維がなぜ良いのか。
善玉菌の働きを促すからです。
食物繊維には、水溶性食物繊維と
不溶性食物繊維があります。

どちらもバランスよく摂取すること
がいいです。

どちらも含む食材は、バナナ・納豆・
ごぼうなどがあります。

水溶性食物繊維は、善玉菌の餌になる、
血糖値の上昇を防ぐ、コレステロールの
吸収を抑制する、などです。

不溶性食物繊維は、便が柔らかくなり
排便を促す、有害物質を排除する、
食べ過ぎによる肥満を抑制するなどがります。

3.オリゴ糖を摂る

オリゴ糖は、胃や小腸で消化、吸収
されずに腸まで届く特徴があります。

オリゴ糖は、善玉菌の中でも
ビフィズス菌のエサになります。

ビフィズス菌の働きは、善玉菌優位に
保つ働きがあるため、腸内環境を
整える作用があります。

腸内フローラと免疫作用

免疫とは病原菌やウイルスなどの

外敵の侵入を防いだり、

体内にできた害をもたらす細胞を除去する

役割がある自己防衛機能のことです。

腸は、身体の免疫力の要といえるものです。

免疫力の70%を腸が作り出しているからです。

近年の日本人の免疫力は低下傾向にあります。

病原体への抵抗性が落ちているからです。。

原因は、腸内環境をあまり考えない

生活習慣にあります。

食物繊維を摂る量が減少していたり、

除菌活動を盛んに行っていますため。

腸内フローラから見ると、

善玉菌を増やす菌がどんどん

減らされてしまっている環境になっています。

悪玉菌が増殖されて免疫力が弱っていきます。


免疫力を高めるために


免疫細胞にマクロファージと呼ばれる

キーとなる細胞があります。

マクロファージは、T細胞に情報を

伝えながら、外敵などを撃退し

体内をキレイにする作用があります。

マクロファージが、活発に活動することで、

腸内フローラが活発化し、病気を予防し、

若さを保つことができるようになります。

マクロファージを活発に働かせるためには、

土壌菌が大変役立ちます。

土壌菌はどのようにして摂取すればいいのか。

土で育つ野菜、穀物、果物に土壌菌がくっついて

いるので、これらをできるだけ生で、

加熱してもいいですが、生で摂取したほうが

いいようです。

土壌菌には、腸内の免疫バランスを保つ

働きがあります。

腸内細菌と免疫システムが連動して

腸内フローラは順調な働きをします。